ブースデザイン模型 ブースデザイン模型 国際化粧品展 ブースデザイン 国際化粧品展 ブースデザイン ブースデザイン模型

HOME | 集客の考え方 | 集客を実現させるブースづくりの「基本3原則」

3RULES

ブースづくりの「基本3原則」

ブース集客の「基本3原則」

3 FUNDAMENTAL RULES TO GATHER VISITORS


ブース集客の「基本3原則」とは、最小限この3項目を自社ブースへ反映しておけば、基本的な集客は達成できる、という項目です。逆に言えば、この3項目のいずれかを反映していない場合、来場者が近寄ってこなくなる可能性が高くなります。これら3つの項目は出展者自身でも対応可能なことですので、出展時には積極的に検討してみてください。もちろん、この項目以外にも集客のためには検討すべき項目は数多くあります。しかし、まずはこの3項目から検討を進めましょう。

 

自社ブースへ来場者に寄ってもらうためには、どのようにすればいいのでのでしょうか。
目立つものを置くのか、とにかく大勢のスタッフで数を獲得するのか。
そのようなことを考えてしまいがちですが、
その方法で集まったとしても、望むターゲット層であるかどうかわかりません。
「来ていただきたいターゲット層」に確実に寄ってきていただくためには、まず最小限以下の3点をブースに反映する必要があります。
 

1.会社名よりも、まず「何を扱っているか」を表示。来場者に瞬間に分かるように。
2.通路際に展示台を置く。来場者の興味を引きそうな商品等を設置。
3.待ち方・立ち方を工夫する。来場者が近づきやすいように。


つまり、「何を扱っているブースか分かりやすく、近づきやすい雰囲気を持っていること」ですね。
 
このようにすることで、会場内を歩いている来場者にとって、興味のある内容であった場合、「寄ってみよう」と自ら近寄ってきていただくブースになるのです。
展示会に出展しただけでは、望むターゲット層の来場者は自社ブースに立ち寄ってはくれません。展示会出展において、自社ブースへの集客を成功させるためには、数多くのポイント、コツをブース内に反映しておく必要があります。その中でも、以下の3点は必須事項となります。逆に、会場内において来場者が集まっていないブースには、以下の3点が反映されていないことが多い、と言えます。
出展者の皆さん、思い当たることはありますか? 
まずはこの3つを改善してみてください。
きっと、前回の出展より集客効果は上がるはずです。