ITWEEK/ESEC 組込システム開発技術展 株式会社電産 様| 展示会ブースデザイン・装飾 SUPER PENGUIN INC.

名刺獲得枚数301枚。新規口座開設16社。

CLIENT: 株式会社オピカ 様
EXHIBITION:GIFTSHOW| ギフトショー
SIZE:3.0m×3.0m(1小間)
SITE:東京ビッグサイト

ギフトショーブースデザイン

GIFTSHOW | 株式会社 オピカ

オピカさんの担当者の方とは当社が開催したブースデザインセミナーでお会いしたのが初めでした。セミナーが終わってすぐご連絡をいただき、ギフトショーでのブースの相談に当社にいらっしゃいました。オピカさんは、今回「アルバムえほん」というサービスを販促されるために出展をされました。「アルバムえほん」とは、従来のアルバムを進化させ、写真にスートりーを付けてアルバムとし、世界でただ一つの「アルバムえほん」にしてくれるサービス(詳しくは「アルバムえほん」で検索お願いします)です。今回のギフトショーはこのアルバムえほんとして初の展示会出展でした。今回、小間位置が東京ビッグサイト東6ホールの奥、という必ずしも立地の良くない場所でしたので、ブースの色を明るめに、キャッチの言葉を遠く(中央通路)から、見やすい位置に設定することで存在感を強調する工夫をしています。会期終了後、オピカさんに感想をお聞きしました。
 
弊社ブランドの「アルバムえほん」としては初出展!、という中で、どのように来場者されるお客様に「アルバムえほん」を訴求していき、さらに新規顧客様とのお取引を獲得していくのかが、最重要課題でありテーマでした。また、割り当てられたブース位置が両サイドに挟まれた通路途中の1小間で(しかもメイン入口から最も遠い、ほぼ対岸!)、通常は埋もれてしまいそうなあまり恵まれた小間位置ではありませんでしたが、おかげさまでお客様が足を止め、立ち寄ってくださる盛況ぶりでした。出展の最大の目的、新規顧客(代理店)の開拓を目標に名刺を頂戴する、商談までのアポイントを取りつける、が達成できました」
 
ギフトショー3日間の会期を終え、獲得した名刺の数は301枚とのこと。小間位置の不利を考えれば、想定していた以上に集まっていただけたかな、と思います。その中で企業の数としては208社様、そのうち既にお付き合いのある既存顧客は34社様、とのこと。展示会出展の結果は名刺の数ではなく、実際には「質」なのですが、その内容もよかったとのこと。結果として、新規口座の開設も増えた、とのことでしたのでSUPER PENGUINスタッフ一同、安心しました。続いて、当社に依頼した経緯をお聞きしました。
 
「ブースデザインを思案する中で、見栄えの良い、写真からもいい雰囲気が伝わってくるようなものをWEBで参考がてら検索していたところ、目に止まった一番印象が強くすてきなブースを手掛けられていたのが、SUPER PENGUINの竹村さんでした。SUPER PENGUINさんのホームページも、洗練されたページ立てで実に分かりやすく展開されており、即座に好印象を持ちました。なにより実績の写真が結果を物語っていて、「お客様が溢れ、出展者も笑顔になる、こういうブースをつくりたい」と強く思った次第です。また、実践的なセミナーも開催されているのを知り、すぐに申し込み・受講させいただいた結果、その内容もHP同様に非常にわかりやすく信頼できるものでした。そのような経緯の中、無償でブースデザインの相談も受けてくださっていたのを機会に、相談→発注という流れに自然になっていきました」
 
当社にご依頼をしていただくお客様は、はじめに当社のブースデザインセミナーに来られる方も多く、その後具体的なご相談にいらっしゃいます。オピカさんもセミナー後にすぐお越しいただいたのをつい先日のように覚えています。オピカさんに、当社に依頼した感想を最後にお聞きしました。
 
「周りのブースより一際明るいブースで、(遠い方の通路の曲がり角入口からも光っていた!)好評を博し、「アルバムえほん」のイメージを訴求できました。レイアウト(陳列)の方法やスタッフの立ち位置、立ち居振る舞いなど、現場では具体的で実践的なアドバイスもいただき感謝しています。当初、素案として上げていた事前案から、竹村さんの「シンプルでわかりやすく」なデザインにシフトして良かったと思います。数多くの現場を手がけられているその経験値は、信用度、信頼度において絶大なものであると考えます。今後、ブースデザインの仕事は竹村さんのアドバイスを先ずは受けるべき(出展者全員(笑))と思います」
 
ありがとうございます。日頃開催しているブースデザインセミナーは営業のため、というより、展示会で集客を実現させるブース上の工夫を少しでも多くの方に知っていただき、1社でも多くの出展者の方に出展に成功していただきたい、という気持ちで行っているのですが、こうして実感していただけること、喜んでいただくことが当社としては何より嬉しいことです。オピカさん、スタッフの皆さん、ブースデザインセミナーは日々進化していますので、またいつでもお越しくださいね。
 

ギフトショーブースデザイン
ギフトショーブースデザイン
ギフトショーブースデザイン